仏壇はどこにお祀りするのですか
仏壇をお祀りする場所については二種類の考え方があります。

まず仏間にお祀りするという考え方、そして居間にお祀りするという考え方です。

仏間にお祀り
仏間は仏壇をお祀りするための部屋のことです。もちろん和室であることが多く、仏壇を安置するためのスペースが最初から設けられています。

家族が集まる居間
仏壇はもちろん居間にお祀りしてもかまいません。ご家族のよく集まる居間におけば、日常的に仏壇のある生活を送ることができます。

仏壇の向きは北向きだけは避ける
仏壇をお祀りする方角については、仏壇正面が北向きであることだけは避けて下さい。寺院建築は東向きあるいは西向きという例が多いのですが、これは太陽の動きに関連したものです。東向きですと、朝、いち早く堂内に光が差し込みます。西向きであれば、西方極楽浄土の光が差し込んできます。
南向きですとこれは家の中で一番人が集まりやすい場所ということになります。
 

マンションやアパートなどお祀りする場所が限られている場合
マンションやアパートといった場所にお住まいの方の場合は、どこに仏壇をお祀りするのか迷われる場合もあると思います。「仏壇をお祀りするスペースが全くない」といわれる方もいらっしゃるでしょう。

スペースが無い場合
仏壇には上置き仏壇という形式のものがあります。これはテレビと同様のサイズのもので、家具の上にでもお祀りできるものです。またテレビを置くのと同様の台を置いてその上に上置き仏壇をお祀りすることもできます。そうしたスペースも無いという方には厨子をお祀りすることをお勧めします。厨子は小型仏壇よりもさらに狭いスペースでお祀りすることができます。スペースが無いと思われても、仏壇には様々な大きさのものがありますので、是非仏壇店にご相談下さい。