唐木仏壇と呼ばれる製品
  • 唐木仏壇の大半は伝統的なデザインの仏壇です。
  • 唐木仏壇は黒檀や紫檀といった唐木材料を使用した
    仏壇のことです。
  • 材料の内容と加工方法によって価格の違いが生まれ
    ます。
  • 黒檀や紫檀の木目をプリントした化粧合板を使用し
    た製品もあります。
  • 仏壇店のチラシ上では製品の内容の区別無く、黒
    檀・紫檀〔黒丹・紫丹は当て字)といった表示が行
    われています
  • 桜の表示の仏壇の大半は濃赤に塗装した仏壇のこと
    で、材料として桜が使われているとは限りません

唐木仏壇(1) 紫檀? パオロッサ? 聞いて分からない店なら止めておく

 唐木とは黒檀・紫檀といった木材のことで、主に東南アジアで産出されます。仏壇の材料としては伝統的な 形式の仏壇によく使われ、そうした仏壇のことを唐木仏壇と呼んでいます。
江戸時代までは中国やアジア方面からの輸入品の総称が唐物であり、唐木の唐もそのような意味を持っています。
唐木は奈良時代から珍重されてきた工芸材料であり、和室の床柱にも使われるなど、高級銘木の代表です。
奈良の正倉院には紫檀で作られた工芸品が国の宝として所蔵されていますが、唐木仏壇をお祀りするということは、時代を超越した価値観を共有することにもなります。
 黒檀は主にインドネシアやフィリピンで産出されたものが使われています。紫檀と呼ばれる仏壇には実際には様々な材料が使われています。最も高級な材料は本紫檀と呼ばれる材料です。次に手違い紫檀と呼ばれるものがあります。いずれもタイやミャンマー、ベトナムで産出されるものです。そして紫檀と呼べるものは本紫檀と手違い紫檀の二種類です。
紫檀と似たような赤系統の木地として仏壇によく使われるのがパオロッサと呼ばれるアフリカ材です。紫檀は高額な材料ですがパオロッサは紫檀に比較すると安く入手できます。ではどのようにして紫檀とパオロッサを見分けるのかと言えば、大変難しいというのが現状で、信頼のおける仏壇店に任せるしかありません。
材料の知識のある仏壇店は、唐木仏壇を仕入れる時にも注意を払うものです。ですから、紫檀とパオロッサのことを聞いてみると良いでしょう。紫檀や黒檀の他に花梨・鉄刀木・シャム柿といった輸入銘木が仏壇の材料として使われています。
唐木仏壇(2) 練り? それとも張り? 口ごもったら店なら止めておく
 唐木材料は言うまでもなく自然素材で今日では伐採制限もあり、高価な材料です。ですから、一本の御仏壇をまるまる黒檀や紫檀で作るとなると大変高価なものとなります、また、材木は自然素材ですので、反りなどが来る事もあり違った木材を心材として、その周辺に唐木材料を張り付けることで反りなどを防ぐ加工方法が取られます。
唐木仏壇の価格は、その素材の価格を反映すると同時に、実は、その張り付けられる材料の性格によっても左右されます。
一般的に唐木仏壇の場合は、練り製品と張り製品の二種類がありますが、練り製品の場合で六ミリから七ミリの厚みの材料が、張り製品の場合は付き板と呼ばれるやや厚めの紙ほどに加工した突板が使われます。また、最近では、木目をプリントした化粧合板タイプの製品(低価格の家具などに多く使われています), 木目を白木に転写した材料を使った製品などもあります。
いずれの製品もお客様の多様なご要望に応える製品であり、使用素材や仕様などの細かな点については是非当店にお問い合わせ下さい。
唐木仏壇でも最高の製品は、唐木素材を吟味して丁寧に作られた製品となります。本物の素材を贅沢に使用 した製品は、歳月とともに輝きを増します。長らくご使用いただくためには、素材や工法にこだわった製品を お買い求めにれなられますよう、おすすめいたします。