銘木仏壇

欅・桑・屋久杉といった日本の銘木材料を使用した仏壇を銘木仏壇または和木仏壇と呼びます。
日本の気候風土にあった、すっきりとしたデザインの仏壇となります。
仏壇ばかりでなく、厨子の材料としても使われます。 東京・大阪と静岡・徳島が大きな産地です。

都市型の仏壇をお勧めします
 現代的なすっきりとした洗練されたデザインの仏壇が欲しいという方には、都市型の仏壇をお勧めします。

都市型の仏壇の特徴は伝統的な仏壇を特徴付ける欄間彫刻や仏壇内部に桝組の宮殿がないことです。また伝統的な仏壇の大半に見られる障子もありません。ですから都市型の仏壇のデザインは随分とすっきりとしたものとなっています。

 材料はチークやメイプル(楓)といった洋家具の材料を使用したものが多く、マンションのリビングルームにも似合うものとなっています。

 ただし、家具的なデザインであるためにデザインに流行があり、五十年・百年といったお祀りには向いていません。

現代仏壇
家具調仏壇
新仏壇
未来仏壇
蒔絵仏壇