お線香を何故焚くのか?
 仏教では御仏への供養として、香りを供え、花を供え、火と供えることを勧め、このことを三種類の供養の方法、三種供養と呼んでいます。

 香りは御仏やご先祖様の食事とも言われ、良い香りを供えることが大切です。良い香りのお線香は良い材料、厳選された材料を使用したお線香のことで高額なお線香を折って使われる方もいらっしゃいます。