気軽に一人で楽しむ香道
 香道は香木そのものの香りを楽しむ作法です。香炉に香灰を盛り、火の点いた炭団を埋め、そこに穴を通し、穴の上に銀葉と呼ばれる小型の皿の乗せ、その皿の上に沈香や伽羅、白檀といった香木を載せ、炭団の火で香木の香りを揮発させて香りを楽しみます。

 お線香は火を点けると燃えて炭化する香りがどうしても混ざりますが、香木を加熱して香りを楽しむ方法は、純粋に香木の香りを取り出すことができる方法なのです。

 こうした方法を作法として確立させたのが香道で、御家流(おいえりゅう)と志野流(しのりゅう)の二派があります。仏壇店によっては香道教室を開いているところもあります。

 また、簡単な香道セットもあります。

 これは香木と香道具、香炉、炭団をセットしたもので、一人でも楽しむことのできるものです。

一人で香道が楽しめる門香揃え
(7000円 税・送料込)
クロネココレクト便で発送致します

クリックすると詳しい説明があります